鳩子に豆鉄砲

アラサーOLと貯金と時々株

舞台「ZEROTOPIA」を観た感想

f:id:mys810:20180418000032j:plain
先日、ダイワハウスSpecial 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15「ZEROTOPIA」を観に行ってきました。
感想を書きますので少しだけお付き合いください。

STORY

大きな大きな船が沈んだ…
生き残った人間たちが辿り着いたその島は
地図に無い…色彩も無い…島だった。

目覚めると…気がつくと…意識を取り戻すと…
そこは島であった。
感覚が…おかしい。
五感が…変だ。
確かな事は…自分は、島にいる。

そんな感覚に取り憑かれ、島を見渡しているのは自分だけでは無かった。
何人かの人間が島に生きていた。
否、生き残っていた。

彼等は自分と同じ豪華客船に招かれた人々。
沈むはずのない客船が沈んだ。

打ち上げられた数名の命・・・男と女。
彷徨い徘徊している内に出逢いを重ねる人々。

罪を隠す女
恨みを隠す男
悲しみを隠す男
狂気を隠す女
何も隠さない男
そして、企みを隠す男…

一つ一つ剥き出しになっていく彼らの隠された過去。
そして、彼等は知る。
この島に流れ着いたのではなかった…。
客船は沈没したのではなかった…。
「俺達は、沈没させられ!流れ着かされたのだ!この島に!」

この島は、色を失った、地図にない島。そして、大きな大きな…陰謀渦巻く島。
彼らは、なぜ、集められたのか。
心の奥底に巣食う闇を抱えて生きてきた彼らに、魔の手が近付く…。

詳細は公式サイトをご確認下さい。

キャストの役名

ジュン : 柚希礼音
ロマン : 西川貴教
サンディ: 宮澤佐江・花澤香菜(Wキャスト)
アトラス: 新田真剣佑
バレンティーナ:藤林美沙
清子  : 原田薫
ボンゴコンガ:大林俊介(SHUN)
ロンデビュー:水田航生
マカスター :植原卓也
ヒュー :岸谷五朗
ワン  :寺脇康文


感想(ネタバレあり)

初めは重い過去を持った人たちのミステリーな話かななんて思って観ていたら、ストーリーも重い。
環境破壊とか、地球汚染、テロ、、、
前作のThe Love Bugsも観に行きましたがそちらもなかなか重い話でした。毎回こんな感じなんでしょうか。
とはいえ、思わず笑っちゃうところもたくさんあって、楽しく観れました。
以下、好きな場面

西川さんの歌

開幕と同時に歌い出してライブに来ているのかと思いました。
歌詞が聞き取れない部分もあったけどやっぱり歌上手いなあと感動。

西川さんの裸

会場から拍手が起こりました。いい体でした。双眼鏡持っていけばよかった。

柚希さんの所作

すべてが美しかった。

水浴びのシーンで座ってる西川と真剣佑

2人でくっついて座って踊っててなんだか可愛かったです。


新田真剣佑さん、今キてる俳優さんなんですかね。私は千葉真一さんの息子さんってことぐらいしか知りませんでしたが、彼目当てのお客さん結構見かけました。
隣の席の女の子が「まっけんは〜」って何度も言っていて、そうやって略すんだとびっくりしました。
そして歌が上手い!韓流のような甘い歌声でした。

舞台とかミュージカルはあまり観たことがなくてどちらかと言えば苦手だったんですが、舞台の演出や役者さんの演技、歌声、ダンスの素晴らしさに感動して少しずつハマってきています。母親に松坂桃李さんの舞台のチケットを取ってと頼まれて取れなかったのが悔やまれます。
劇団四季も結構好きで、美女と野獣が近くで始まらないかなと待っています。
おすすめがあれば是非教えてください。