二人暮らしの浪費生活

アラサーOLと貯金と時々株

仕事をしていないと肉を欲しない不思議

彼とは4年ぐらい東京愛知の距離で付き合っていました。
東京デートの時によく行ったのが、叙々苑ランチ。今まで庶民的な焼肉チェーンにしか行ったことがなかった私が、高級な焼肉と出会ってしまいました。


当時22歳ごろだった彼は、安い肉をたくさんじゃなくて高級な肉を少し食べたいという、若いくせに生意気なことを言う青年だったのですが、私も量を多く食べる方ではないのでそれに賛同し、デートのたびに焼き肉に行くのが定番になりました。


デートは1、2ヶ月に一度。ほぼ毎回焼肉に行きました。


彼が大阪に転勤になってもそれが続き、大阪では江坂にある哲というお店がお気に入りでよく行っていました。


そして今、愛知で同棲して一年になりますが、今のお気に入りは伏見にある伏見屋というお店です。


同棲を初めてすぐは節約を意識して焼肉を禁じていましたが、やっぱ肉食べないとエネルギー足りねえなということで月1では肉を食べていました。

(家で焼肉をしていた時期もありましたが、部屋中肉臭くなってしまい今はしていません)
(近くに美味しい精肉店があれば、また家でしたい)


そんな私たちに異変が起きたのは今年8月。
2人とも転職をして無職(有給消化中)だったのですが、なんと、体が肉を欲しない!あんなに常に肉食いてー肉食いてーと言っていた我々が、肉を欲しない!!!!


薄い豚バラ肉ばかり食べていました。
厚い豚ロースではなく、薄い豚バラ肉で作る生姜焼きが大好きです。



そして約2ヶ月のニート生活を終え、社会復帰後初の金曜日。


「焼肉行こう!!!!」
「いいよ!!!!」

ということで焼肉とビールを美味しくいただきました。


やっぱ働くのにはエネルギーがいるなあと思いつつ、若い頃はストレスがたまると食べれなくなって痩せていっていましたが、今は食べなきゃやってらんねー!力つけて勝つ!という発想になってしまうので、太るのは時間の問題だなと不安の日々です。


今!元気がない人は!肉を食べよう!


以上、私と肉の話でした。


余談ですが、私は若い男の子は、肉食えればなんでもいいんで!!!タレ?塩?どっちみちタレにガッツリつけて食うんでどっちでもいいです!!!ってぐらいの子の方が可愛いと思います。