二人暮らしの浪費生活

アラサーOLと貯金と時々株

ご飯の好みの固さって人それぞれ

「最近、俺好みの固さにご飯炊けるようになってきたじゃん」

同棲を始めて数ヶ月経った頃に言われたこの言葉に無性に腹が立って、今では彼がご飯を炊く担当です。



なぜ私がお主の好みに合わせねばならんのだ!!!

強気な私です。

母は父に尽くす

実家のご飯は柔らかめでした。もう少し水を減らしてくれんかと頼んでも、「お父さんは柔らかめが好きなの」という母。

我が家は基本的にお父さんファーストでした。

お父さんが帰ってくる時間はお風呂を開けておく

父は会社から帰ってきたらまずお風呂に入ります。大体いつも同じ時間に帰ってくるので、そのちょっと前にお風呂に入ろうとすると止められます。

(でも私が入ってたら父は静かに待っててくれます。娘には文句を言えないらしいです)

おかずは多めに

父は毎晩晩酌をするので、おかずが少ないと文句を言うらしいのです
出来合いのものも多かったですが、実家のテーブルにはいっぱいおかずが並んでいました。

ちなみに父が飲み会でいないとカレーのみなど単品が多かったです。

今から帰るメールにすぐ反応

うわ!お父さんからメールきたよ。これお風呂沸かしてご飯作っとけって意味だし。なんて文句言いながらせっせと支度する母です。

愛の形は人それぞれ

実家は父が大黒柱で母はフルタイムで働いていなかったので、どうしても家事の比重が母に偏るわけです。

そういう世代でもありますが。


私たちは大黒柱は2本なので、2人で協力し合うのです。


私は私の食べたいものを作る!!!